上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迫田さおり 世界バレー- 話題のワード
全ての記事

新ヒロインの誕生だ。試合はわずか64分。第3セットで相手が泣き出すほどの圧勝劇をけん引したのは、初先発の22歳。「1番ジャンプするし、後ろから決めてくれるから楽になる」と真鍋政義監督(47)。迫田は「打ちやすいようトスを上げてもらった」と仲間に感謝した。
朝の練習後、真鍋監督から「楽しみながらやれ」と先発を告げられた。「スタートから入るので結果を出さないといけない」と迫田。トスから速いタイミングで打つバックアタックが決まり、スパイク決定率はチーム最高の68%に達した。
▼新ヒロイン誕生!迫田で日本3連勝!2次Lだ…世界バレー,>続きを読む
<世界バレー>日本3連勝、2次ラウンド進出決める…第3日
毎日新聞 10月31日(日)20時41分配信
バレーボール世界選手権の第16回女子大会第3日は31日、東京・代々木第1体育館など4会場で1次ラウンドの12試合を行った。A組は世界ランク5位の日本が同14位のアルジェリアにストレート勝ち。3連勝で2次ラウンド進出を決めた。
【写真特集】日本連勝 世界バレーを写真でみる
 日本は迫田さおり(東レ)のアタックなどで第1セットを先取。第2セット以降も栗原恵(パイオニア)や竹下佳江(JT)の効果的なサーブで相手レシーブを崩し、アルジェリアを寄せつけなかった。

 同組ではペルーを破った前回3位のセルビアが3連勝で1次ラウンドを突破。B組では世界ランク1位のブラジルと前々回大会の覇者・イタリア、D組は前回優勝のロシアと、世界ランク3位の中国にストレート勝ちした韓国が、2次ラウンド進出を決めた。

... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。