上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第42回社会保険労務士試験、1点に泣く!!
悔しい!!!・・・・・
◎合格基準
①選択試験は、総得点23点以上かつ各科目3点以上(ただし、健康保険法、厚生年金保険法、社会保険に関する一般常識は2点以上、国民年金法は1点以上)である者
②択一式試験は、総合得点48点以上かつ各科目4点以上である者
①は26点、あしきりにも該当せづ、②は47点とあいきりには該当しなかったが、総得点で1点不足。
U-CANの予測では、択一式試験は44点前後なので「もしかしたら」と思っていたが、残念!!!
今年の択一式の表記ミス10箇所以上あり、国家試験として不適格ではないか。
現職の社労士の先生方も、今年の問題は最低だ! 現場経験のない役人が作っているので、試験問題になっていない問題が多かった。試験センターに任せればいいものを・・・・。
○去年は、選択試験で見直しをした結果2点不足で不合格!
○来年は、100点とれば文句なく合格。受かるまで、チャレンジだ!!

▼11月の「行政書士試験」の監督員として試験に立ち会ったが、受験者の多さ、年齢層には驚いた!
皆さん、終了時間まで粘って回答していた。私と同じくらいの年齢の方も受験・・・
終了後、問題を見たが、間口が広く難問だった。

16歳で公認会計士試験に合格した彼の明るさを、TVニュースで見て、元気をもらった。
ただ、60歳過ぎちゃうと、記憶力、集中力に欠けてしまい、いかんともしかたがない。

... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。