上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家電雑貨販売のVISION,< LED☆★★☆イルミネーション>


ジョン・レノン没後30年、世界各地でファンが追悼
2010年12月09日 08:35 発信地:その他


年末年始、お酒を飲む機会も増えてくる皆様に必見今日は、悪酔い・二日酔いを防ぐ方法!
まず、なぜ悪酔い・二日酔いになるかというと
【アルコールの過剰摂取量】
肝臓が処理出来るアルコールの量は人によって決まっている為この量を超えてしまうと、身体に有害物質が残ります。
お酒を飲んで数時間内(飲酒後、2~6時間後位)で、まだ血中アルコール濃度が高い時期に起こる不快な症状が「悪酔い」翌朝、血中アルコール濃度が低くなった状態でも現れるのが「二日酔い」です。
悪酔いはお酒に弱い人に多いのに対し、二日酔いは大量に飲む人に多いのが特徴。
日頃からよくお酒を飲む人は、肝機能を高めるタンパク質やビタミンを意識して摂取してみるとよいでしょう。
また、睡眠不足も悪酔いの原因になるので飲み会の前日は、睡眠をたっぷりとっておくことも大事

さて、いよいよ飲み会という時に、注意したいのが【空腹での飲酒】
空腹時での大量飲酒は、アルコールが消える頃に低血糖症を起こすことがあるため、生命の危険も!
また胃がただれて、出血することもあります!必ず、胃に軽く何かを入れた状態でお酒を飲むようにしましょう。

そこでオススメなのが、牛乳やチーズなどの乳製品・梅干しや柑橘類の果物
乳製品は、胃壁に脂肪の膜が出来てアルコールの吸収が穏やかに。
梅干しや柑橘系に含まれるクエン酸は、肝機能が促進されて酔いが回りにくくなります。
また、飲酒前の王道【ウコン】や、アミノ酸などのサプリメントも効果的です。

さて、いよいよ乾杯!でも、ちょっと待って
飲み会が始まった後も、楽しく健康的にお酒を飲む秘訣があります。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。