上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沢征爾さんが戻ってきた!
おめでとうというべきか、ご苦労さんというべきか。
よかったねが一番あうか!

<<食道がん公表、活動休止していた小沢征爾さんがカーネギー・ホールで本格復帰>>
フジテレビ系(FNN) 12月15日(水)13時1分配信⇒記事を読む
2010年1月、食道がんを公表して活動を休止していた世界的指揮者・小澤征爾さん(75)が14日、音楽の殿堂、アメリカ・ニューヨークのカーネギー・ホールで本格復帰を果たした。
公演直前、小澤さんは「すみません、心配かけて。(体調は?)いやー、ビビっています」と述べ、4カ月ぶりにステージに立つ心境を明らかにした。

【ニューヨーク時事】食道がんの治療に伴い今年1月から休養していた指揮者の小澤征爾さん(75)が14日、ニューヨークのカーネギーホールで、ほぼ1年ぶりに本格的な公演を行った。持病の腰痛のためコンサートの前半は代役に任せたが、後半はサイトウ・キネン・オーケストラが演奏するブラームスの交響曲第1番を指揮し、健在ぶりを示した。
公演は、自身が芸術監督を務める「ニューヨーク日本芸術祭」のプログラムの一つ。小澤さんは時折、指揮台に設置された椅子に腰を下ろしながらも、全身を使ったエネルギッシュな指揮を見せた。演奏が終わると聴衆は総立ちになり、満場の拍手が鳴り響いた。公演を聴きに来た作曲家の小林亜星さんは「肉体的にはつらかったと思うが、それをみじんも感じさせない素晴らしい演奏。涙が出た」と語った・・・続き
 
・ 小澤征爾 - Yahoo!ミュージック



... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。