上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境に優しい、最高の節電!
エアコン、扇風機等の家電製品よりも、自然の力を借りて節電してみませんか!
夏らしく、風情があっていいと思います!

■ゴーヤは1.6倍、ヘチマは2倍売上「つる性植物」が品薄状態に!
夏に向けて様々な節電対策に関心が寄せられているが、なかでも最近よく耳にするのが「緑のカーテン」という言葉。住宅の窓を覆うように植物を繁茂させることで太陽光を遮断、室内の温度を下げ、エアコンの消費電力を抑えるというものだ。
植物の種や苗を販売するサカタのタネでは、東京電力が今夏の電力不足を発表した3月25日以降、緑のカーテンに適した「つる性植物」の売り上げが大幅にアップしたという・・・<<続き>>
節電・省エネ・エコ生活。グリーンカーテンに!【送料無料】 つる性植物ゴーヤー苗5個セット ...

節電・省エネ・エコ生活。グリーンカーテンに!【送料無料】 つる性植物ゴーヤー苗5個セット ...
価格:3,980円(税込、送料込)【バラエティーストアおきなわ一番】



■緑のカーテンが節電になるワケ!
ところで緑のカーテンを植えると、なぜ暑さをしのぎやすくなるのだろうか。日差しを遮るという点では、すだれや遮光カーテンも同じだ。植物を育てるのには時間がかかるし、すだれのように簡単に巻き上げたりできないところは、むしろ面倒そうに思える。
しかし、すだれやカーテンは、真夏の日差しにさらされるとそれ自体が徐々に熱くなり、熱を放射し始めるという弱点がある。昼間、窓の外につるしたすだれに近寄ると、ムッとする熱気が感じられるのはこのためだ。これでは断熱効果は限定的と言わざるを得ない。一方、植物は内部に水分を含んでおり、熱くなると葉から水蒸気を出す。この時に気化熱が奪われるため、植物自体の温度が上がりにくく、放射熱の心配がない。
緑のカーテンがあれば猛暑でもエアコンなしで快適……というわけには、残念ながらいかないが、ある程度の効果は期待できそうだ。葉の茂り方によって差はあるものの、緑のカーテンがある部屋は、ない部屋に比べておおむね1℃から4℃くらい室温が低くなるという報告もある。外気温が35℃の場合でも、室温は31℃から34℃になる計算だ。過大な期待はできないが、多少ながらも節電になるし、エアコンなしでも過ごしやすくなる。それに見た目が涼しげなので、室温とは別の点で快適さがアップしそうだ・・・<<続きを読む>>


□ 納涼植物 千成ひょうたん 3株 【国華園







『30days Album』
《1》写真を見せる。《2》写真を残す。ことが、インターネット上で簡単に、便利にできるサービスです。
もちろん、オンラインプリントや、アルバム制作も簡単にできます。
これから夏に向けて長期休暇や旅行など、イベントが増えるシーズンとなり写真を撮る機会が増えるため、是非、使ってみてください。


6月に入り、梅雨の時期になりましたね。ZOZOTOWNでは、梅雨のお出かけも憂鬱にならないレイングッズを豊富に揃えております。良かったら、是非、ZOZOTOWNをご覧ください。
  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://geniti.blog111.fc2.com/tb.php/351-bf0cabe6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。